駆け出しノマドワーカーSEIGOのバックパッカー世界一周挑戦ブログ

初心者ノマドワーカー、初心者バックパッカーのSEIGOがノマドをしながら世界を旅するブログ

*

バンコクからシェムリアップまでバスで安く行く方法(国境でビザを取る:2016年)

   

※2016年1月19日の情報

タイのバンコク(カオサン通り)からカンボジアのシェムリアップまで出来るだけ安く行きたいと思っているバックパッカーは多いのではないでしょうか。

ここで紹介する方法は、バス(バンとバス)で190バーツ=約620円で行く方法についてご紹介します。

この値段はバスで行く方法としてはおそらく最安値だと思いますし、他の方法と比べても安い方法だと思います。

※ただし、最初に断っておきますが安かろう悪かろうで、少々トラブルに合いました(詐欺?ワイロ?)。詳しくは後でお話ししますが、旅慣れていない人は辞めておいたほうが良いと思います。

190バーツでバンコク(カオサン)からシェムリアップまで行く方法

私は、カオサンにあるインド系?の旅行会社「TRAVEL IN STYLE」というところでバスを予約しました。その旅行会社のある場所はカオサンの中でもかなり奥まったところにあり、わかりづらい場所にあるので、もしかしたら探すのに苦労するかもしれません。

地図で言うとこの辺りになります↓

バンコク,シェムリアップ,バス,安い

カオサン通りのメイン通りのセブンイレブンの向かい側にある細い路地(ビリヤードができる場所を右手に見ながら入っていける路地)に入っていきます↓
バンコクから,シェムリアップ,バス,安い,国境でビザ,2016年

20m~30mくらい進むとT字路があるので、そこを左に進みます↓

バンコクから,カオサン,シェムリアップ,バス,安い

10mか20mほど行くと左手に私がバスのチケットを予約したお店があります。因みに私は出発日の前日に予約しに行きました。

バンコクから,シェムリアップ,バス,安い

私が利用した「TRAVEL IN STYLE」↓

バンコクから,シェムリアップ,バス,安い,国境でビザ

このおじさんに予約してもらいました↓

バンコクから,シェムリアップ,バス,安い

片言の英語で、何時にどこに行けばいいのか聞くと、7:30A.M.に店の前に来いと言われ、スタッフが店の前まで迎えにきてくれるといわれた。そして、バスはシェムリアップのどこに着くのかと聞くと、そこまでは私はわからないとなんとも頼りない回答(笑)

まぁ、行って考えるかということで私は安さでここでバスを予約しました。

因みに、予約にはパスポートとお金が必要だったみたいですが、私はパスポートをそのとき持っていなかったので、自分の名前を紙に書いて教えただけでいけました(ちょー適当)。

そして、ここでいろいろと予約票のようなものを記入してその控えをもらって予約は完了なのですが、

ここで注意!!

予約票は必ず携帯で写真をに撮っておくこと!!

バンコク,シェムリアップ,バス

↑後で説明しますが、これをしていたおかけで詐欺を回避できました

出発当日

バンコクから,シェムリアップ,バス,安い,国境でビザ,2016年

言われた通り朝7:30までにお店の前に行きました。7:40くらいになったらスタッフがやってきて(予約のときとは別のスタッフ)、予約票を回収されます。そして代わりにチケット?的な紙を渡されます。これもできれば写真に撮っておくとなお良いでしょう。

シェムリアップ,バス,安い,国境でビザ,2016年

スタッフの後ろを歩いていくこと5分ほどのところに、バンが2台ほど止まっていました。その中の1台に乗り込みました。

バンコクから,シェムリアップ,バス,安い,国境でビザ,2016年

しばらくするとバンは出発したのですが、ここでもポイントが一つあります。バンの中では乗客の誰かと話しをして顔見知りになっておくと良いです(できれば仲良くなっておくとなお良い)。

私の場合は、日本語ができるという韓国人が話しかけてきて偶然にも仲良くなったおかげで、あとあと助けられることになったので。あとは、乗っている人の顔を覚えておくことも重要です。

そんなこんなで8時にバスは出発し、途中10時半くらいにガソリンスタンドでトイレや軽食の休憩をとれます。

そして、次に止まったのはタイとカンボジアの国境よりも微妙に手前のところ。なぜ、こんな変な場所で降ろされたのか、その答えは「ビザを高額で取らせるため」です。

国境手前で高額ビザを取らされるので注意!!

バンコクから,シェムリアップ,バス,安い,国境でビザ,2016年

↑私たちが降ろされた場所の写真

私はそんなことはわからず、単なる昼食の休憩かと思っていました。バスを降ろされ、なんで降ろされたのかと聞いても「チケット」の確認だ、と意味不明なことを言われ、しばらく待ってろと言われました。そして、このときに持っていたチケットは回収されてしまいました。これがあとあと、カンボジア入りしたときにチケットないヤツはチケットを買いなおせ的なことを言われ、詐欺的なのに合う序章だったのです。

お店の外の腰掛で待っていてなぜか順番に呼ばれていく感じでした。私は一人ということもあって最後に呼ばれ、店の中に入り、さらに奥にいき、ちょっと薄暗い部屋に連れていかれました。そこには学校の先生のが使っているような机に男性が一人座っていて、パスポートを見せろと言われ、素直に見せ、写真を2枚だせと言われ、ようやく、ビザを取らせる気だということが分りました。バスを降ろされてからここまで、なんの説明もなくなので、値段をまず確認してみました。すると1600バーツと言われ、これは正式なビザなのかと確認してみると、これは正式なものだ、値段は最近変わったんだと嘘をいわれる。因みにこのときの国境で取る場合の公式の値段は、30米ドル(バーツだと確か1200バーツ)なので、日本円にして1300円ほどもぼったくられるという値段なのだ。ボックパッカーの私としてはこんなところで1300円も余計なお金を使いたくはないということで、当初の予定通り国境で取ると言い張った、すると国境では取れない、国境まで行ってもいいがビザは取れない。国境で取ると言って国境まで行った人は今までいたが、皆ビザが取れなくてバンコクに帰ることになったなどと、嘘を言われます。

私はそんな訳ないだろうと顔をしかめたまま、そのまま沈黙していました。すると、もういい行けと言われ、スタッフに案内されてエアコンもついていないバンに乗せられました。因みにほかの人はどうやらこのビザ代行集団に高額なお金を払ってビザを取った模様です。まぁ、正直この後のいろいろとあるトラブルを考えればここでとってしまっても良いのかもしれません。因みに、ここでビザを取ることで、チケットの変わりとなるシールを服に張ってもらえたようです。私はここでビザを取らなかったがために、そのシールがもらえず、バンコクでもらったチケットは回収されてしまっていたので、カンボジア側に行ったときにチケットを買いなおせと詐欺的なものにあってしまったのです。まぁ今考えれば、ビザを取得しないやつには他でお金をせしめるという2重の手口だったのかもしれませんね。

そして、バンに乗らされて10分ほどたつと、一人の男性が乗ってきてどこへ行くかも言わず、私一人を乗せて車を出発させました。そして、国境のちょっと手前のところで降ろされ、そこがボーダー(国境だ)と言われ、降ろされました。なんか、もうあとは一人で行けといった感じでした。この後、無事に国境超えられても、もしかしたら自力でシェムリアップに行くハメになってしまったのかなと思いまいたが、まぁ細かいことは進んで考えようということで国境をまずは超えることにしました。

国境のほんのちょっと手前で降ろされました↓

バンコク,シェムリアップ,バス,安い

タイからカンボジアへの陸路での国境超えについて

(アランヤプラテート → ポイペト)

タイのアランヤプラテートからカンボジアのポイペトへ抜ける国境越えについてまとめてみたいと思います。

タイの出国審査とカンボジア側の入国審査の場所はだいたいこんな感じの位置関係です↓

タイ,カンボジア,国境,審査,場所,地図

タイ側での出国審査について

まずは、タイ側で出国の手続きをします。あらかじめ記入しておいた出国用のカードとパスポートを用意しておきましょう。私の場合はバンコクに空路で来た際にもらったものがあったので新たに用意する必要はありませんでした。もし、手元になくても出国ゲートのどこかで言えばもらえるはずです。出国に関しては場所さえ分ればスムーズに通過できます。

場所もちゃんと案内があるので迷うことはなかったし、出国の際も何かを聞かれるわけでもなく流れ作業的な感じで通過できました。

タイ出国の際の流れ(写真での説明)↓

タイの出国ゲートにはこのような案内があり、PASSPORT CONTROLという表示に従って進みましょう!

バンコクから,シェムリアップ,バス,安い,国境でビザ,2016年

PASSPORT CONTROLはココを右ですね↓

バンコクから,シェムリアップ,バス,安い,国境でビザ,2016年 バンコクから,シェムリアップ,バス,安い,国境でビザ,2016年

外人である私たちは2階に進みます↓バンコクから,シェムリアップ,バス,安い,国境でビザ,2016年

ココの2階ですね↓
バンコクから,シェムリアップ,バス,安い,国境でビザ,2016年

列に並んで出国手続きをしてもらいましょう↓バンコクから,シェムリアップ,バス,安い,国境でビザ,2016年

10分もたたないうちに出国完了↓

1階に降りてExitの方に進みます。
バンコクから,シェムリアップ,バス,安い,国境でビザ,2016年

出国直後に撮った写真。タイとカンボジアの間ですね↓

ここから20mほど行ったところにビザを取れる場所があります(向かって右手に)。バンコクから,シェムリアップ,バス,安い,国境でビザ,2016年

 

カンボジアの国境でのビザ取得について

陸路でカンボジアに入国する際に、国境でビザを取ろうというバックパッカーは少なくないと思います。そこで気がかりなのが、悪名高いというカンボジアの国境でのビザ取得です。

ビザを取得する場所はこちら↓

バンコクから,シェムリアップ,バス,安い,国境でビザ,2016年

この写真の場所はタイの出国ゲートを出てから20m~30mほど歩いたところにあり、道路の進行方向に向かって右側にあります。ここに入ると、机があり係員に声をかけると申請用紙をもらえるのでそちらに記入しましょう(因みに室内の様子も写真に撮ったのですが、係員にその場で消せと言われたので素直に消しました)。

そして、窓口みたいなところかその辺にいる係員に渡せばやってくれるのですが、このとき、正規の値段が窓口の上あたりに書いてあるのでそちらをちゃんと確認しておきましょう。

このときは(2016年1月19日)ビザ発行料金は30$でした。

私は30ドルとパスポート、申請用紙を提出しました。すると事前のうわさ通り賄賂を要求されました。賄賂の価格は100バーツ(320円ほど)ですが、私は「Why?」と一言いました。すると、あっけなく正規の値段でやってくれたのですw あまりにあっけなかったので、私としては逆に「あれっ、もう終わり?」と拍子抜けしたくらいでしたw もちろん、係員やそのときの状況によって変わると思いますが、私の場合はすんなりと30ドルでとることができました(建物に入ってから5分~10程度で終了)。

カンボジア入国審査

ビザさえ取得できれば入国自体は簡単です。ビザを取得した場所から150mほど歩くと進行方向に向かって右側に入国審査の場所があります。外人が並んでいるのすぐに分かると思います。

バンコクから,シェムリアップ,バス,安い,国境でビザ,2016年

バンコクから,シェムリアップ,バス,安い,国境でビザ,2016年

そこに着いたら、その列に並ぶ前に、入国カードをもらって必要事項を記入しましょう。入国カードは入り口付近にいる係員が持っているので、もらい忘れないようにしましょう。

バンコクから,シェムリアップ,バス,安い,国境でビザ,2016年

入国カードの記入例はこちらのサイトが参考になります。

必要事項の記入が終わったら、列に並んでパスポート、入国カードを提出して終了です。この時も特に何も聞かれませんでした。カードの記入なども合わせても10分くらいしかかかりませんでした。

※ちなみに、私のようにここでビザが取れるのではないかと思ってる方もいる人もいるかもしれまんせが、ここではスタンプを押してくれるのみでビザは取れないと言われました。なので、私は150mもどってビザを取りましたw

バスに乗ってシェムリアップへ

さてさて、無事に国境は通過できましたが、なかば国境手前で放置された身の私でしたが、カンボジアの国境を通過したところに仲良くなった韓国人がいたので、バスを待つ場所が分りました。

バンコクから,シェムリアップ,バス,安い,国境でビザ,2016年

もし、一緒に乗ってきた人と仲良くなってなかった場合や乗ってきた人の顔を覚えていなかった場合、たぶん、私は露頭に迷っていたと思います。そして、このときも、カンボジア側のバスを担当する人が声をかけてきたのですが、そのときに韓国人の方がコイツも一緒だと言ってくれたおかげで、チケットをもたない私はバスに乗ることができたのです。

バンコクから,シェムリアップ,バス,安い,国境でビザ,2016年

それで30分ほど待ち、来たバスに乗り込みました。しかし、バスを乗って一安心したのもつかの間、わずか10分ほどでバスは止まり、バスを乗り換えるのだと言われて降ろされてしました。

そして、お前はチケットを持ってないからここでチケットを買わないといけないと訳の分からないことを言われました。

なんで?と聞いても、

向こうも、チケットを持たないヤツをなんで乗せないといけないんだ。こっちがなんで?だよ、と言ってきました。

バンコクから,シェムリアップ,バス,安い,国境でビザ,2016年

↑こんな場所で降ろされました。そして、そこの窓口でチケットを買えと言われた

私は少しの間口論をしましたが、奇跡的に行きのバスのチケットの控えを写真に撮っておいたおかげで、それを見せて、このピンチを乗り切ることができました。

なので、何度も言いますがチケット関係はとりあえず写メしておくことをおすすめします。

そして、ここでのバスの乗り換えも1時間くらい待たされ、移動時間並みに待機時間も多かったような気がするので、安いバスはあまりよくないなと思いました。

その後は、無事にバスに乗り、途中で一度休憩があった後に、シェムリアップに到着しました。が、到着する場所も市内から5kmほど離れた場所に降ろされ、そこにはタクシーやトゥクトゥクの運ちゃんなどが待機していて、これらを使わざるおえないような感じでした。私としては5㎞歩いても良かったのですが、夜も遅くかなり疲れていたので、日本語で話しかけてきたトゥクトゥクの運ちゃんに100バーツでお願いしました(200バーツから半額に下げたけど、それでも少し高かったかなと後で思った)。そして、泊まる予定にしていたタケオゲストハウスの前までちゃんと運んでくれました。

バンコクから,シェムリアップ,バス,安い,国境でビザ,2016年

まとめ

安いバスは確かに安く行けました。が、途中途中で何かとお金をぼったくろうとされる感じなので旅なれていない方にはおすすめできません。それでも安く行きたいという方には、対策としてはチケットは写真にとっておくことと、一緒に乗っている人の顔を覚え、何人かと仲良くなっておくことが大切だと思います。また、トータルの要した時間は12時間ほどでしたがそのうち休憩やよくわからない待機時間が4時間以上ありました。なので、体力的にも正直きつかったです。

 - 旅の情報, 旅の記録