駆け出しノマドワーカーSEIGOのバックパッカー世界一周挑戦ブログ

初心者ノマドワーカー、初心者バックパッカーのSEIGOがノマドをしながら世界を旅するブログ

*

ドンムアン空港(バンコク)で一夜を明かす方法(寝る場所ある?)

   

バックパッカーや旅人にとって、深夜の空港での過ごし方は一つの楽しみでもあり、心配な点でもあるのではないでしょうか。

特に、深夜にドンムアン空港について、タクシー以外の移動手段がなかったり、夜の移動は安全面で不安があったりするので、時間に余裕がある方は空港で朝を迎えてから行動するというパターンが考えられる。因みに、私もその一人だ。

そこでこのページでは、タイ、バンコクのドンムアン空港で私が一夜を明かした際に見つけたおすすめの場所を紹介します。

といっても、こんなベンチがありますよ、といった程度ですがw

ドンムアン空港で一夜を明かすのにおすすめのベンチ2選

まず、空港に到着したら入国審査や税関を経て到着ロビーに着きます。ですが、到着ロビーには寝れるようなイスがないので、その上の階にある出発ロビーに行きましょう。各旅行会社のチェックインカウンターの近くなでにベンチはいくらでもあります。

その中でもおすすめなのが、こちら

おすすめ①

ドンムアン空港,一夜を過ごす

ドンムアン空港,一夜を過ごす

ベンチがフラットで、かつイスがワイドなので寝心地の良さは抜群です。周りには同じように寝ている人がきっといると思うので、人の目を気にする必要もあまりないです。ただ、一つ難点としては照明が明るいということです。ですが、アイマスクや帽子、服などで顔を覆ってしまえば明るさは気にならないですし、明るいということはむしろ盗難防止にもなるのでこの場所はおすすめです。

因みに、場所ですが空港の到着ロビーから上の階の出発ロビーに上がり、まっすぐ進んで5分ほど歩くとあります。

おすすめ②

ドンムアン空港,バンコク,一夜を明かす,寝る,場所

ドンムアン空港,一夜を過ごす,ベンチ

ドンムアン空港,バンコク,一夜を明かす,寝る,場所

ドンムアン空港にはこちらのタイプのベンチが数多くあります。こちらは寝心地は正直よくありません。ですが、照明が暗い場所にあったりもするのであかりが気になる方はこちらを選択されると良いと思います。

ただ、朝4時を過ぎたあたりから人が増えてきて場所によってはうるさくて寝れないことがあります。

以上、ドンムアン空港での夜の明かし方についてでした。寝心地を考えなければベンチはたくさんあって、例え深夜に空港に到着したとしても、夜を過ごす場所はたくさんあるので大丈夫です。因みに、寝るときに荷物はというとふつうにその辺りにリュックを放置して寝ている人も数多くいました。私は心配だったので、貴重品などを小さなカバンに入れて、それをマクラにして寝ました。

私が利用した場所は空港の到着ロビーから上の階の出発ロビーに上がり、まっすぐ進んで2分ほど歩くとあります。

 - 未分類