駆け出しノマドワーカーSEIGOのバックパッカー世界一周挑戦ブログ

初心者ノマドワーカー、初心者バックパッカーのSEIGOがノマドをしながら世界を旅するブログ

*

世界一周、バックパッカー旅におすすめの海外旅行保険

   

世界一周,バックパッカー,おすすめ,海外旅行保険

バックパッカーとして世界一周に挑戦した私のおすすめの海外旅行保険は、ズバリ、『金子秀人損害生命保険事務所』という保険です。

これは、世界一周をする人のための専用保険といっても良いくらい、本当に便利ですし保障もいろいろなプランから選べるので助かります。

ですので、もし、あなたがこれから世界一周を考えていて、海外旅行保険をどれにしたら良いか迷っているのであれば、私は金子秀人損害生命保険事務所を強くおすすめします。

 

さて、ここから、話は少し変わりますが、このページでは、私のおすすめの保険『金子秀人損害生命保険事務所』に私が加入するに辺り、いくつか分からない点(基本的なところ)を電話で問い合わせた内容についてまとめています。

ネットなどで調べると、保険の補償内容や料金を確認することができますが、細かいことに関してはなんか分かった気にはなるのですが、しっかりと理解はできないので、電話で直接聞いてみました。

その内容をシェアしたいと思います。

目次

携行品損害保険金について

Q:例えば、保証金額が30万円のプランの場合、盗難などに合う度にそれだけの金額が保障されるのか、それとも旅の期間トータルで30万円が上限となるのか?

A:旅の期間の間で合計30万円まで保障されるという意味です。なので、例えば一度盗難などに合って20万円の保証が受けられたとしたら、次に盗難などに合ったときには残りの10万円分しか保証が適応されないということになります。

Q:カメラなどが盗難に合った場合のために、持っているカメラのメーカー、機種番号などを控えておいた方が良いのか?

A:あなたがそれを所持していたという証明は事前に用意しておいておくと良いです。例えば、カメラであれば買ったときのレシートや保証書(買ったときの値段と年月日が分かるもの)があれば保管しておいてください。そして、それらのレシートや保証書などを携帯しながら旅をすることは面倒だと思うので、実家などにまとめておいて置き、必要になったときにご両親とかに書類を保険会社まで郵送してもらう(代行を頼む)ようにしたら良いと思います。

Q:破損による保障が適応される時はどんなときか?

A:空港で荷物を手荒に扱われて、リュックに入れていたカメラやパソコンが壊れたときも対象ですし、あとは旅行中に誤ってカメラなどを落として壊してしまった場合も保障の対象になります。

Q:保障されたお金はいつ振り込まれますか?

A:事案によって変わってくるのですが、だいたい申請されてから数週間から1カ月以上かかります。

航空機遅延費用保険金について

Q:ハリケーンなどの自然現象による航空機の遅延なども保障の対象になるのか?

A:なります。台風などで天候が悪くなって遅延したり、あとは、飛行機のエンジントラブルなどが原因で飛ばなかった場合なども保障の対象になります。

Q:LCCや格安航空券などを利用した場合でも保障されるのか?

A:はい、保障されます。利用される航空会社に関係なく適応されます。

航空機寄託手荷物遅延等費用保険金について

Q:保障される限度額は、これも旅行期間のトータルの計算になるのか?

A:はい、これも10万円のプランならば、旅行期間中にトータル10万円までの保証が受けられるという意味です。

治療・救援費用保険金について

Q:キャッシュレス対応の病院が近くない場合、どうしたら良いか?

A:自分が行くことができる近くの病院にいって下さい。しかし、その場合はご自身で料金を払い、建て替えてもらう必要があります。その場合の連絡は、病院に行く前後のどちらでも構わないので、メディカルヘルプラインに連絡してください。

また、そのようにご自身で選んだ病院に行かれる場合(キャッシュレス対応でない病院に行く場合)、領収書と場合によっては診断書を発行してもらう必要があります。

Q:キャッシュレス対応の病院を利用するためには、保険証を持参しなければいけないとのことですが、番号をどこかに控えておくことで対応できないか?

A:病院によっては、保険証のコピーをとらせて欲しいと言われるところがあるので、やはり現物が必要となります。

Q:では、保険証を盗難に合って紛失した場合はどうしたら良いか?

A:メールで結構ですので、連絡をしてください。そしたら、保険証のコピーをメールに添付して返送させて頂くので、そちらを使ってください。コピーでも有効なので、ご自身でもコピーをとっておくと良いかと思います。

海外とらべるサポートについて

Q:サポート内容に通訳とありますが、どんな場合に使えるのですか?

A:あなたが通訳が必要なときに電話してきてください。基本的にはどんな些細な時でも通訳させてもらいます。

 

その他

Q:保証内容はどれも旅行期間のトータルで保障される金額ととらえて良いのか?

A:いいえ、違います。治療救援費用と賠償責任、航空機遅延の3つに関しては、その都度の限度額になります(事案ごとの限度額になる)。ですので、例えば、航空機遅延が2万円のプランの場合、旅行中に航空機の遅延が5回あった場合はその5回とも、それぞれで2万円まで保障されるという意味になります。

Q:旅中に保険の期間を延長したり、逆に短縮したくなった場合にはどうしたらよいか?

A:保障期間の短縮は、短くなった期間分を日割りで返金させてもらいます。ただ、注意点としては書類などによる手続きが必要になるので、日本に帰ってくる日にちがあらかじめ分かっているのであれば、その時点でメールで良いので連絡ください。そうでないと、日本に来てから手続きを始めていると書類が家に届くまでの期間は返金の対象にならないので、その分が損になります。なので、日本に帰ってくる前に連絡して頂き、家に着いたときには書類があるという状態にして頂くのが理想的です。

また、逆に期間を延長することも可能ですが、途中で追加をするくらいならば、あらかじめ旅行予定の期間よりも1ヶ月~2ヶ月余分にプラスした期間で保険に入って頂いて、必要なければ先ほどの方法で返金を貰うという形をとってもらう方が良いです。

なぜかというと、延長の場合には書類をまた送ってもらう必要が出てくるので、日本にいるご両親などに書類を送る代行などをして頂かなければいけなくなったりして面倒だからです。

>>金子秀人損害生命保険事務所の公式HPはこちら

 

 

 - 旅の準備